Steamのインストール方法(簡単)

タヌキ
タヌキ

インストールかぁ・・なんか難しそう。できるのかな

難しいのは言葉だけ、実際やってみるととても簡単だぞ

おっさん
おっさん

用語説明(わからない言葉はここで確認)

タヌキ
タヌキ

なーんか、インストールっていうのがわからないんだよね。ダウンロードとの違いも判らないし・・・怖い

ふむ、そうだな。どうなっているのかわからないからこそ怖いのだろうね。
だからしっかりと用語を理解していれば怖さも薄れていくんではないだろうか?

おっさん
おっさん

ダウンロードとは・・・

プログラム等の情報をインターネット上から自分のコンピューターに複製させることを指します。逆に自分のPCからインターネットへプログラム等の情報を複製させることをアップロードと言います。

youtubeやブログなどをアップするのアップはアップロードからきています。

画像で表すと次のようなイメージとなります。

インストールとは・・・

ソフトウェア(アプリケーション)をコンピューターに入れて使用可能な状態とすることをインストールと言います。

ソフトウェアはダウンロードしただけでは使用することができません。ダウンロードしたものをコンピューターが使えるようにするのがインストールと言います。(例えば、ファイルの保存先等の指定などをすることでそのソフトウェアが指定したファイルから情報を引っ張ってこれるようにするなど)

タヌキ
タヌキ

うーん、わかりづらいなぁ

ダウンロードとインストールの関係は、買い物と調理に似ているかもな。ダウンロード(買い物)して、それを元に調理(インストール)して食べれる用に工夫する。

おっさん
おっさん

クライアントとは

クライアントとは、日本語訳では「依頼者」を指します

コンピューター用語としては、サーバーからサービスを受ける側のコンピューターの事です。そのためクライアントとは、サービスが受ける側が必要とされるプログラムの事となります。

タヌキ
タヌキ

ふーん、でもなんでクライアントプログラムって必要なの?

ネットゲームで考えてみよう。サーバーに接続して遊ぶわけだが、クライアントがないと全ての情報(MAPや武器の絵)を通信しないといけないが、予めMAPや武器のデータが入っているなら、人が動かしている情報などだけを通信すればよくなるから負荷がかからないんだ

おっさん
おっさん
タヌキ
タヌキ

なるほどなぁ

Steamのインストール方法

スクリーンショット(SS)を用いて説明しますので、書いてある順番通りに入れていきましょう。

所要時間はおそらく5分もかからないと思います。

まずはここからSteamのHPへ行きましょう。

HPの右上にある緑のSteamをインストールのボタンをクリックしましょう。

セットアップの画面に映ります。次へを押しましょう

Steamによってできることが記載されています。他プレイヤーとのプレイ等に必要なので必ずインストールしましょう

日本語のままでいいと思いますが、英語がいいという人はEnglishを選びましょう。あらかじめ日本語になっているはずです。

インストール先のドライブと保存先を決めましょう。基本はこのままで特に問題はありません。

CドライブがSSDでDドライブがHDDでSSDを圧迫したくない人はDドライブに変えてもいいかもしれませんね。参照先から選ぶか「D:\Program Files(x86)\Steam\」とCをDに変えましょう。

インストールボタンを押して、完了すればインストール完了です。

Steam起動

デスクトップにSteamのアプリケーションが追加されていると思いますのでそれをダブルクリックしましょう

そうすると次の画面が出ると思います

ここで先ほど登録したアカウント名とパスワードを入れればSteamで遊ぶことができます

タヌキ
タヌキ

できたぞ!

お疲れ~。あとはゲームを買って遊ぶだけだな

おっさん
おっさん

Steamの安全性

タヌキ
タヌキ

安全性はどうなの?

しっかりしているぞ、ユーザー自身も対策が取れることもあるし気を付けていれば問題ない

おっさん
おっさん

日本ではコンシュマーゲーム機(PS4やswitch)などが流行っているためSteamを知らない人が他の国に比べて多い印象です。ですが世界的にみて大きなマーケットを形成しているのです

ユーザー数は、同時接続数は2200万人以上です。

Steamの運営会社としてはこの規模のマーケットを失うわけにはいきませんので安全にはかなり配慮されていますので安心してください

脆弱性の修正

プログラムの脆弱性はどのプログラムにも起こりうることなので、存在することはしょうがありません。ポイントとしては修正する速さです。

以前にSteamでは特定の条件下でバグが起こることが、見つかりました。しかしながら、その報告から8時間で修正し、クライアントを迅速に修正した実績があります

2段階認証

タヌキ
タヌキ

今ではどこにでもあるやつじゃん

まぁそうなんだが、いっても優秀な対策よコレ

おっさん
おっさん

パスワードを奪取される方法はいろいろあります。ハッキングもそうですし、ネカフェなどで盗み見る方法でもパスワードは知られてしまいます。

つまり、運営会社がどんなに頑張ったとしても100%防げるわけではありません。そのためパスワードだけでなく、他の方法も取り入れた2段階認証が効果を発揮します。

盗まれて泣くのは自分ですので、面倒くさがらずに2段階認証をしましょう。

ブロックと報告機能

Steamには、メールなどを送れる機能があります。

しかし怪しい人から、メールが来る可能性もあります。開けてしまったら、外部リンク宛で悪意あるソフトウェアが仕込まれている事もあるかもしれません。

その場合に役立つことが、ブロック機能とそれを報告する機能です。

これらを駆使することで、怪しい人(業者)が動きにくくすることができます

ポイント

Steamの運営会社もセキュリティ面を気を付けてます。それ以外に、ユーザー側からも自分たちの身を守れる方法を提供してくれていますのでかなり安全と言えると思います。

インストール時のドライブ

タヌキ
タヌキ

なんでもいいじゃん

まぁそうだな、そこまで気にしなくていいかもしれんが一応な

おっさん
おっさん

ここでいうドライブとは記録媒体指します。Cドライブから始まり、2個記録媒体があるパソコンはCドライブとDドライブ、3個の場合はCドライブとDドライブとEドライブとなります

実は記録媒体にも記録する容量以外にも性能があります。

簡単なところでいうとHDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステイトドライブ)があります。

二つの特徴
  • HDD:大容量で安価
  • SSD:とても速い

今はSSDも容量が多くなり、安くなってきていますが基本上記の関係にあります。

このため、ゲームで遊ぶのであればできればSSDに入れた方がスムーズに遊べることができます。読み取り能力がSSDの方がすさまじく早いためです。

容量に問題がなければSSDにゲームを入れることを推奨します。

©2020 Valve Corporation. Steam 及び Steam ロゴは、米国及びまたはその他の国のValve Corporation の商標及びまたは登録商標です。

©2020 Valve Corporation. Steamworks 及び Steamworks ロゴは、米国及びまたはその他の国の Valve Corporation の商標及びまたは登録商標です。

おすすめの記事